幕張生活辞典

幕張生活辞典へ戻る
千葉市指定ごみ袋について
3月1日付け市政だよりを見て気付いたことがあります。
「指定ごみ袋の製造・販売は業者が自由に行っている。袋の代金は業者の売り上げになり、市の収入ではない。家庭ごみの有料化とは指定袋にいくらか上乗せすることで、ごみ処理費用を負担してもらうもの。」
・・・とのこと。

私は、指定袋をお金を払って買うことになった時点で「有料化された」と思っており、
現在、袋の売り上げが全く市に入っていなかったことに初めて気付きました。
同時に、業者を肥やすだけの指定袋の導入をしたことに腹立たしさを覚えました。
認識不足と言えばそうなのですが、同じように思っていた人もきっと多いのではないでしょうか?

今後、本格的に「有料化」される時には「指定袋の値上げ」ということになるのでしょうね。
財政のためとか、ごみ減量化につながるためとは理解できますが、
皆さんのお考えもお聞きしてみたいです。
よろしくお願いします。

 まるまるさん
 幕張に住んでま〜す
☆(2011年3月1日  H32I568)




 
こちらのお話は最終書き込みから2年を経過しているため新規書き込みは出来ません。新しく質問を投稿してください。




   投稿順表示切り替え
ごうさん 幕張本郷に住んでま〜す    (2014年8月23日  H12I816)



皆さんもそうだと思いますが、こうなることは予測できましたね。
これで安心して路傍の投棄傘をゴミ拾いできます。

ヘラソウさん 花見川に住んでま〜す    (2014年8月22日  H15I423)



市民からの要望により、12月から傘の出し方が変更になるそうです。
(読売新聞の記事より)

今は傘一本に20ℓの不燃ごみ袋を張り付けて出すやり方ですが、12月からは10ℓ20ℓどちらのごみ袋でも、袋に何本でも入れても良い。
また、袋から傘が飛び出していても良いとの事です。

これ以前の書き込みは3年を経過しているため未表示となっています


幕張情報局